家具付き賃貸物件の魅力について、考えてみたいと思います。あまり家具が付いている賃貸物件は一般的な賃貸物件よりも家賃が割高であるという方がいますが、よく考えてみて欲しいと思います。最初から生活に必要な家具を全て取り揃えるとなると、莫大な費用がかかります。そのトータルの総額と毎月の家賃とを比較してみると、決して家具付き賃貸物件の家賃は割高ではないということが理解できるかと思います。それだけ家具というのは、費用がかかるものなのです。ですから、家具が最初から付いていた方が家賃が多少割高であっても長い目でみれば、安上がりということになります。まして、後々退去する際に家具が不要となった際に自分で処分することになりますが、その処分費用も自腹で出すことになります。その点、家具付き賃貸物件の方にした方が、退去する際にそれらの家具を処分しなくて済む魅力があります。


家具付き賃貸物件のメリット

家具付き賃貸物件のメリットについて、紹介したいと思います。この物件は、借りる側にとってはとっても合理的な物件であると思います。そもそも、新居となる賃貸物件に家具がまるっきりなければ、まずは部屋のどこに家具を置くかといったレイアウトを考えたり、採寸を取ったりしなければいけないです。ですが、家具付き賃貸物件でしたら最初から家具が付いているので、自分にぴったり合うレイアウトの物件を選ぶことができるため、失敗しないで済むメリットがあります。また、他のメリットもあります。それは、転居しやすいことです。別の転居先に引越しをする際に、自分で所有している家具が多いとそれだけで引越し費用が多くかかってきます。ですが、家具付き賃貸物件であれば家具は全て置いていけるため、引越し費用がそれだけ安く済むメリットがあります。


貸す側のオーナーの家具付き賃貸物件のメリット

貸す側のオーナーにとっての家具付き賃貸物件のメリットについて、紹介したいと思います。あらかじめ家具が設置されている家具付き賃貸物件は、当然借りる側にとってみれば、家具の購入や引越しにかかる費用を少なくできるメリットがありますので、人気が高い物件となっています。また、これは借りる側のメリットもありますが、もちろん貸す側のオーナーにとってもメリットがあることなのです。その貸す側のオーナーとってのメリットとは、どのようなものがあるのかこれから紹介していきます。それは、まずは家具が最初から付いていることで付加価値を持たせることができるので、他の賃貸物件よりも魅力的にみせることができるメリットがあります。さらに、家具というのは耐用年数が5年から6年と期間が短いことで、短期間で減価償却を行えます。すなわち、その分を経費として計上できるため、その結果として節税できるメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*